地域がん診療連携拠点病院について

 地域がん診療連携拠点病院とは、がん診療の連携協力体制の整備を図るほか、がん患者に対する相談支援及び情報提供を行うため、都道府県が2次医療圏に1カ所整備する病院です。
 当院は平成20年2月に、この地域がん診療連携拠点病院の指定を受け、秋田市と周辺地区を中心として地域のみなさんのがん診療を行っております。胃、大腸、乳腺、肺、子宮、肝臓などの主要ながんをはじめ各領域の専門スタッフが、日夜診療に励んでいます。特に、消化器病センターでは内科と外科が一体となって全国から多くの医師が集まり、最先端の検査や治療を実践しております。
 当院では、がん診療を行うにあたり、院内に各種委員会を設置し、診療機能や診療実績等について把握・評価を行っております。
 また、当院は、由利組合総合病院とのグループ指定を受けており、由利組合総合病院では困難な診断や手術、患者相談支援等について協力する体制をとっております。

がん診療に関連する院内委員会

がん診療に関連する院内委員会

平成26年度の主ながん啓発活動

  • がん情報コーナーへの書籍整備による情報提供
  • 市民公開講座の開催