循環器内科

診療科紹介

特徴・特色

  1. 総合的に循環器系疾患を正確に診断・治療するチーム医療。
  2. 地域の患者さん・医療関係者から信頼を得られるような実績。
  3. 生命予後の改善・症状の緩和を第一にめざすスタンダードな医療。

 動脈硬化性血管疾患を含めた心臓病の患者さんが多いです。年間平均60名~90名の急性心筋梗塞の患者さんを24時間対応で治療しています。
 “院内で”すべての病気を治療するのではなく、“地域で”治療する事を目標にしています。そのため、秋田市南部地域の内科・循環器科の開業医の先生方と連絡を密にしています。入院検査・治療を必要とする急性期は主に当院で、状態が落ち着いた慢性期は主に開業医の先生方に診ていただく事が多いです。患者さんが開業医の先生方に通院中の場合でも、緊急の場合には当院が24時間対応で検査・治療をします。入院・退院を繰り返している患者さん、来院する度に検査を必要とする患者さん、重篤な病気の患者さんは当院の外来で診させていただいています。
 また、秋田大学循環器内科と関係が深く、多施設共同研究を行なっています。

主な対象疾患

  • 動脈硬化性血管疾患:急性心筋梗塞、狭心症、下肢閉塞性動脈硬化症など。
  • 心不全:急性心不全、慢性心不全、心臓弁膜症、心筋症、心筋炎など。
  • その他:高血圧症、不整脈、急性肺血栓塞栓症、睡眠時無呼吸症候群など。

治療内容・主な検査

  • 冠動脈および末梢動脈カテーテル治療、ペースメーカー植え込み術、大動脈内バルーンポンプ、経皮的人工心肺補助装置、非侵襲的陽圧換気療法など。
  • 心臓カテーテル検査、冠動脈CT検査、心筋シンチグラフィー、心エコー図、ホルター心電図、トレッドミル運動負荷心電図、血圧脈波、終夜睡眠ポリグラフィーなど。

医療設備

  • ICU6床・HCU24床 の集中治療室
  • 東芝社製フラットパネルシネアンギオ装置 1台
  • 東芝社製64列CT 1台
  • 心エコー(PHILIPS社製 2台)

診療実績

表1 検査および手術件数

  平成28年 平成29年 平成30年
心エコー図 2,675 2,688 2,954
運動負荷心電図 330 362 403
ホルター型心電図 582 522 572
血圧脈波 471 414 367
冠動脈CT検査 68 63 79
心筋シンチグラフィー 74 65 63
心臓カテーテル検査 161 144 292
経皮的冠動脈および
末梢動脈形成術
147 154 176
ペースメーカー植え込み術 23 39 53
大動脈内バルーンポンプ 11 9 6
経皮的心肺補助装置 0 2 2

 

表2 心臓カテーテル検査および経皮的冠動脈形成術後の合併症

  平成28年 平成29年 平成30年
脳梗塞 0 0 0
輸血を要した穿刺部腫脹 0 1 1
亜急性冠動脈閉塞 0 0 0
Q波心筋梗塞 0 0 0
Q波心筋梗塞 4 1 1
ヘパリン起因性血小板減少症 0 0 0
冠動脈穿孔 1 0 0
死亡 0 0 0

 

表3 急性心筋梗塞患者の急性期(30日以内)死亡率

  平成28年 平成29年 平成30年
急性心筋梗塞患者数 66 66 72
うち、ドクターヘリ搬送 6 7 4
急性期(30日以内)
死亡率
4.5% 7.6% 11.1%
うち、来院時に心肺停止患者
を除くと
0.0% 7.6% 8.3%

専門外来

 ペースメーカー外来を隔週(月)

担当医の紹介

役職名等 氏名 資格等
循環器内科部長 照井 元 日本内科学会認定内科医
日本循環器学会認定循環器専門医
検査部長(兼)循環器内科副部長 岩谷 真人 日本内科学会認定内科医
日本循環器学会認定循環器専門医
循環器内科副部長 青木 勇
循環器内科副部長 長沼 雄二郎 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本脈管学会認定脈管専門医
日本心血管インターベンション治療学会認定医
臨床研修指導医
循環器内科副部長 小武海 雄介 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本心血管インターベンション治療学会認定医
臨床研修指導医

 外来診察表はこちらをクリックしてください