総合周産期母子医療センター 新生児科

重要なお知らせ

 新型コロナウイルス感染症に関する総合周産期母子医療センターからのお知らせはこちらからご確認ください。

診療科紹介

特徴・特色

 新生児病棟は、人工換気等による集中治療を行うNICU9床と、中等症児およびNICUから移行した児を対象とするGCU12床からなっています。

 早産・低出生体重児および合併症をもつ新生児を治療、養育します。なお、秋田県周産期医療の役割分担により、先天異常の胎児・新生児と新生児外科疾患および先天性心疾患合併の胎児・新生児については主に秋田大学医学部附属病院NICU、GCUが担当しています。

 周産期医療のネットワークと地域化による重症児の集中化で、母体搬送→院内出生→NICU入院という流れで、より望ましい形の周産期医療を実践しています。新生児搬送での入院も受け入れています。秋田県で出生した超低出生体重児の90−100%を扱っています。

 新生児救急に24時間体制で対応するために、5人の新生児専任医師で当直体制を組んでいます。看護師は、NICU3人とGCU2人で夜勤をしています。

 また、入院中だけでなく退院後も母子とその家族を支援するために、院内の各外来および地域と連携して、児の成長、発達のフォローをしています。

病床数

NICU(加算)ベット 9床
GCU(加算)ベット 12床
21床

主要設備

モニター
 セントラルモニターシステム  
 経皮血液ガス分圧モニター  

人工呼吸器
 SLE2000HFO
 Babylog VN500
 ハミングX
 ハミングビュー

補助呼吸器
 インファントフローSiPAP

一酸化窒素ガス管理システム「アイノベント/アイノフロー」

体温管理システム「ArcticSun2000」

カラードップラー超音波診断装置

広画角デジタル眼撮影装置(Ret Cam Ⅲ)

脳波モニタリング(aEEG)

新生児病棟入院患者数

  2015年 2016年 2017年 2018年 2019年
入院数(再入院含) 358 341 339 296 266
新生児搬送入院 12 11 15 16 23
極(超)低出生体重児数        
 <1,000g 10 19 13 13 11
 1,000≦<1,500g 24 20 20 21 15
(超)早産児週数        
 <28週 15 13 11 12 9
 28≦<37週 107 127 133 119 125
呼吸管理        
 陽圧換気(気管内挿管下) 33 41 35 30 44
死亡数        
 新生児死亡 0 2 3 1 0

 

NICU卒業生 親子の会「めんちょこの会」

 親子同士の交流や情報交換、なつかしいスタッフとの再会、育児や発達の相談などを目的に、NICU卒業生の会「めんちょこの会」を行っています。
 詳しくは、病院でのイベントをご覧下さい。

担当医の紹介

役職名等 氏名 資格等
新生児科部長 新井 浩和 日本小児科学会小児科専門医
日本周産期・新生児医学会周産期(新生児)専門医・指導医・代表指導医
日本人類遺伝学会臨床遺伝専門医
臨床研修指導医
新生児科副部長 伊藤 智夫 日本小児科学会小児科専門医
日本周産期・新生児医学会周産期(新生児)専門医・指導医
新生児科副部長 太田 翔三 日本小児科学会小児科専門医
臨床研修指導医
専攻医 大野 健太 がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
専攻医 桑山 信希

外来診察表はこちらをクリックしてください