救急外来当直

  卒後3年目以上の内科系医師および外科系医師と2年次および1年次研修医の4名(場合によっては研修医1名、合計3名)が担当しています。拘束時間は、日直は8時30分~17時まで、当直は17時~24時までで、日当直を合わせて、月間、最大6回まで割り当てられます。相談しやすく、頼りになる中堅およびベテラン医師が2名いるので、研修医にとって勉強になり、かつストレスの少ない当直体制と言えるでしょう。