医学生へメッセージ

プログラム責任者から

臨床研修における軟教育と硬教育の活用

秋田赤十字病院プログラム責任者 河合秀樹

秋田赤十字病院プログラム責任者 平野秀人

 いささか硬い表題となりましたが、まず軟教育と硬教育についてご紹介しましょう。

 今から約100年前の明治42年、遠藤隆吉博士により2つの教育方法が紹介されました。軟教育とは教育をうける者の理解の努力をゼロに近づけることを理想とするもので、現代風に解釈するとまずは興味を持たせ、やり方を示し、分からないところを教え、やれるまで反復練習をさせる、といった教育指導方法です。これに対して硬教育とは教育を受ける者にあえてハードルの高い、困難な経験をさせ、それを克服するためにどうすればよいかをすぐに教えずにまずは自分で考えさせる、といった教育法です。2つの教育法はそれぞれ長所短所があります。軟教育は知識・経験の乏しい者が初めて学習を受ける際に必須であり、小学校ではこの指導が行われています。生徒は知識を得ることに興味を持ち、学校は教育を受ける場であることを感覚的に身につけます。ところがこの教育法は教育をうける者が受動的で、自分でものを考える習慣が身につきにくいという短所があります。現代風に言うと指示待ち人間養成教育、とでもなりましょうか。一方、硬教育はある程度の知識・経験のある者が困難を自力で克服することで自信・達成感につながり飛躍的にレベルアップするのに効果を発揮します。ただし、全くの初心者に硬教育を施すと挫折しやる気を失うことになるでしょう。

 さて、前置きが長くなりましたが現在の初期臨床研修制度になってから臨床研修において初期研修は軟教育、後期研修は硬教育を行っているところが多いのではないかと思います。研修医は初期研修を終え後期研修に入った途端、一人主治医や当直など責任を負うことになります。当然、自分で方針を考え診療することも増えてきます。前述の如くハードルの高い、困難な経験を自ら克服することが硬教育の成果ですから一人前の医師になるためには通らなければならない時期です。大いに苦労してレベルアップを図るべきです。ところが初期研修で軟教育に浸りすぎてしまっていたらどうでしょう?困難に立ち向かい克服できるでしょうか?当院の初期研修では1年次は軟教育から始まり、2年次にはファーストコール、学会発表、論文執筆など中等度の硬教育も軟教育と合わせて行っております。そうすることで困難に遭遇した際、克服するために自分で考える習慣が身につき無理なく後期研修へと進むことができます。

 更に一人前の医師になるためには膨大な勉強・経験に加えて思いやりの心が必要です。思いやりの心を持つことで患者・家族から信頼を得ることができるでしょう。思いやりの心を持つことができるのは自分で苦労し、痛みを感じないと人の痛みは分かりにくいかもしれません。また人とのコミュニケーションを大事にすることで協調性を育み人の意見に真摯に耳を傾ける素養が醸成されます。当院では研修医しゃべり場、研修医旅行、地域医療研修などを通じて人とのコミュニケーション能力や思いやりの心を育める環境を提供しています。

 医学生の皆さん、当院で研修し一人前の医師を目指してみませんか?

研修医から

2年次研修医からのメッセージ

2年次研修医 畠山 遥

研修の足跡

必修症例・手技到達進度
1年目終了時点で、2年間の研修における必修症例・手技59項目のうち58項目(98.3%)を達成。

発表

第184回秋田県産婦人科学術講演会、秋田県産婦人科医会研修会(平成30年1月28日)
乳癌、子宮体癌、結腸癌を合併した成人型顆粒膜細胞腫の1例

第213回日本内科学会東北地方会(平成30年2月17日)
当帰四逆加呉茱萸生姜湯が原因と考えられたReversible cerebral vasoconstriction syndrome(RCVS)の1例

第55回日本超音波医学会東北地方会学術集会(平成30年3月11日)
後腹膜悪性線維性組織球腫の1例

第54回日本赤十字社医学会総会(平成30年11月15-16日)
乳癌、子宮体癌、結腸癌を合併した卵巣成人型顆粒膜細胞腫の1例

論文

乳癌、子宮体癌、結腸癌が併存した卵巣成人型顆粒膜細胞腫の1症例(秋田県産婦人科学会誌 vol.23, p69-73, 2018)
当帰四逆加呉茱萸生姜湯が原因と考えられたReversible cerebral vasoconstriction syndrome(RCVS)の1例
(BRAIN&NERVE 投稿中)

手術への参加回数

婦人科:火曜〜金曜、1-2件/日、1ヶ月で20件程度
乳腺外科:週3-4件、1ヶ月で15件程度

救急症例数

 救急外来の日当直での症例では、過半数がwalk-inの軽症症例です。上気道炎や胃腸炎、また軽度の外傷による挫創や切創、骨折などを経験します。数としては多くはないですが、重症とされる高エネルギー外傷(交通事故や転落)、気道熱傷、敗血症性ショックなども経験します。もちろん心肺停止患者の搬送もあります。人や時期によって多少偏りはありますが、2年間で様々な重症症例を経験できるはずです。

重症症例;敗血症性ショック、気道熱傷、急性心筋梗塞、脳血管障害、高エネルギー外傷、低体温症、腎不全、薬物中毒など
(参考:救急日当直における経験実績(3~5月にかけて日当直15日間の集計))

当院を選んだ理由

 研修病院として、ほぼ全ての診療科が揃っている点、三次救急を経験できる点で当院を選びました。1病院で研修を終えることが可能というのは、施設によるシステムの違いに振り回されることなく一貫して研修をすることができるという事でもあり、学びやすい環境であると考えたためです。また、初期研修期間中、バックアップの体制がある状態で三次救急の症例を経験できることは、将来の志望科に関わらず重要であると考えたからです。個人的に祖母が当院にお世話になっていた事も、選択した理由の一つとなっています。

当院で研修して良かったと思う事(研修・イベントなどを通じて)

 ローテートの診療科をフレキシブルに選択できる点が良かったと思います。主要な科はもちろんですが、マイナーな内科や放射線科、病理診断科も研修する事が可能です。
 救急日当直では、初めての症例も多いですが、実際に経験することでどのような初期対応をすれば良いのか、鑑別で落としてはならないものは何か、ということが自然と記憶に残り、自分でできることが徐々に増えていくと思います。
 運動会やビアパーティー、忘年会などの病院行事に参加するとわかりますが、看護師さんをはじめ、職員の皆様がフレンドリーで優しい方ばかりだと思います。仕事以外でも、部活やイベントへの参加もあり、交流を深めることができます。

休暇の取り方、過ごし方

 研修を回っている診療科、また休日の日当直にもよりますが、土日はどちらかが休みになる事が多いと思います。夏季休暇は基本的には1週間弱(夏季休暇2日+年次休暇)休みを取得することが可能です。過ごし方はそれぞれで、帰省する人もいれば国内・海外旅行に行く人もいます。私も1年次には北海道、2年次には九州に旅行に行きました。

後輩へのアドバイス

 初期研修の2年間はあっという間に過ぎてしまいます。2年間を終えようとしている今、もっと勉強しておけば良かった、経験しておけば良かったと後悔する点は多いです。志望診療科に関わらず、2年間を終了する時点で自分の中で少しでも多く学べた、頑張ったと思えるような充実した研修にしてください。また、研修中に経験した症例は一期一会です。患者さんの何気ない一言でも、忘れられない言葉があります。患者さんと接し考えさせられる事は多いので、是非知識だけでなく、そのような人との触れ合いも大切にしながら研修をしてみてください。応援しています。

 

1年次研修医からのメッセージ

1年次研修医 山崎 晃汰

研修の足跡 ― 1年間を振り返って

 研修医生活始めの4月は呼吸器内科で研修しました。まずはカルテの使い方、処方の出し方などの病棟業務も全く分からずのスタートでしたが、周りの先生方、看護師さん、コメディカルの方々の助けでなんとか1日を過ごす日々でした。救急当直も始まり、CPAなどの対応、交通事故・外傷などの幅広くの症例を積極的に診ることになるので、科をまたいだ複数の症例を経験できます。
 研修生活を送る中で、採血などの基本的な手技からCVカテーテルや胃管挿入など行える手技も少しずつ増えていくのを実感できました。

 残りの研修医生活については、志望科も決まりそれに向けて進んでいくとともに、幅広い分野で経験を積めたらと考えております。

発表

 外部での発表機会はありませんでしたが、院内発表では小児の急性虫垂炎について、腹部エコーで虫垂炎の所見が分かりにくい症例に対して症状や採血等の結果を踏まえたスコアリングによって診断精度を上げる方法について発表しました。

当院を選んだ理由

 見学に来てまず感じたことは、研修医室の雰囲気の良さです。1年目と2年目の研修医の方々が気軽に相談できるような雰囲気・環境であることにとても魅力を感じました。研修医室の秘書さんや、担当事務の方を始め、研修医をいつも側で気にかけてくださる日赤のスタッフの方々やそして何より指導熱心な先生方の存在、それが私が日赤に決めた大きな理由です。お陰様で日々充実した研修生活を送れております。ありがとうございます。

当院で研修してよかったと思うこと

 まず、同期が素晴らしくとても仲が良いです。同期の仲が良いとそれだけで十分働きやすいと思います。みんな意識も高く(飲み会への意識も高く)、面白く、ユーモアもあり日々楽しく働いてます。

休暇の取り方、過ごし方

 休日午前中は回診があります。回診が終われば日当直がなければお休みです。自分はドライブや映画みるのが好きなので自由に過ごしています。ただ、映画前の上映中のマナーのシーンで携帯電話の電源をオフに!と言われるけど、病院のPHSの電源を本当にオフにしていいのか未だに悩んでます。

後輩へのアドバイス

 現在私は消化器内科で2ヶ月研修していますが、胃カメラを毎日触らせてもらえます。
 日赤の先生方はとても指導熱心な先生方ばかりです。自分が学びたいこと、やってみたいことなど目的意識を持って研修すれば、可能な限り経験させてもらえると思います。