新人研修

研修プログラム

 平成29年度レベル別教育プログラムは こちら をクリックしてください。

モデル人形を使用した吸引・心電図の看護技術の演習

静脈注射の演習

リフレッシュ研修の一場面

平成28年度の研修を無事修了!

プリセプター制

 

新人・プリセプターから一言

画像

6B病棟 新人 佐藤 由香(写真右)

 秋田赤十字病院では、新人と先輩がペアになって指導を受けるプリセプター制を取り入れています、入職時は不安で一杯でしたが、優しく誠実に教えて下さる先輩がいる環境下で、安心して学びながら働くことができています。時間をかけて看護技術を習得することができ、基礎を身に付けることができます。分からない事があればすぐに質問できる環境のもとで、患者さんの傍にいく事が出来るので安心ですよ。

6B病棟 プリセプター 薮田 幸子(写真左)

 自分が新人だった頃を思いだしながら、「どうやって先輩に声を掛けられたらうれしかったか」を思いだしながら一緒に行動しています。新人さんから学ぶこともたくさんあり、自分自身の知識や技術の確認の場にもなっています。私だけでなく、チームや病棟スタッフみんなでフォローしていけるような体制です。一緒に頑張りましょう。

4A病棟 新人 湊 紗樹(写真右)

 入職し、緊張と不安ばかりの日々の中、優しく声を掛けていただき、緊張が和らぎました。処置も先輩の見学から段階を踏んで行うので、分からないことは隣にいる先輩に聴くことができ安心して患者さんと関わることが出来ました。

4A病棟 プリセプター 工藤 愛(写真左)

 新人さんと共に看護を行い、患者さんとの関わり方やケアの丁寧さにプリセプター自身が改めて気付かされることがあり、学ぶ場面も多くあります。プリセプターはもちろんですが、病棟の先輩看護師みんなで新人さんをサポートしています。