皮膚科

診療科紹介

特徴・特色

 ①地域の先生方から御依頼の検査や診察・診断・治療・入院治療
 ②皮膚腫瘍を中心とした手術
 ③感染症・アレルギー・発疹症など救急皮膚科疾患を中心とした入院診療
 [入院例 : 中毒疹・紅斑症、重症薬疹、重症多形滲出性紅斑、TEN、重症じんま疹、急性食物アレルギー、化学物質アレルギー、蜂アレルギー、 皮膚腫瘍、 自己免疫水疱症 (天疱瘡、類天疱瘡)、感染症 (成人水痘、帯状疱疹、ウイルス性発疹症、リケッチア、細菌感染 等)、重症感染性中毒疹、乾癬、皮膚リンパ腫、痒疹 ]

診療実績

  1. 手術
    2013年 176例、2014年 146例、2015年 169例、2016年 149例、2017年 135例
  2. 皮膚生検
    2013年 44例、2014年 60例、2015年 88例、2016年 90例、2017年 100例

入院診療

  • 2013年 : 合計105名。感染症: 39例、紅斑症・重症アレルギー:48例、その他:18例。
  • 2014年 : 合計112名。感染症: 39例、紅斑症・重症アレルギー:50例、その他:23例。
  • 2015年:合計110名。感染症: 36例、紅斑症・重症アレルギー:45例、その他:29例。
  • 2016年:合計103名。感染症: 36例、紅斑症・重症アレルギー:44例、その他:23例。
  • 2017年:合計97名。感染症: 37例、紅斑症・重症アレルギー:32例、その他:28例。

担当医の紹介

役職名 氏名 専門医・認定医
皮膚科部長 八木 英一 日本皮膚科学会皮膚科専門医
日本東洋医学会漢方専門医
日本プライマリ・ケア連合学会認定プライマリ・ケア認定医
臨床研修指導医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了

外来診察表はこちらをクリックしてください