消化器病センター

センター紹介

 消化器病センターでは内科と外科が連携して、胃や大腸などの消化器疾患の診断から治療まで一貫した診療を行い、迅速で的確な医療の提供を目指しています。
 消化器内科・消化管部門と肝胆膵部門、そして消化器外科部門からなり、定期的な検討会を通して、病気の進行度や個々の体力などを考慮し、最もふさわしい治療を施すことを理念としています。
 また地域の医療機関とも定期的な研究会を重ね、病診連携を図り、円滑な地域医療の推進に努めています。

消化器病センター長 大内 愼一郎


 内科と外科の垣根を取り払い、消化器疾患の一貫した診療を目指す消化器病センター内に新たに光学診療部門を設立しました。光学診療部門とは内視鏡を用いた診断・治療を行う部門で、今までも消化器病センターで中心的な役割を担ってきましたが、更に盛り上げていく目的で新たに開設しました。
 日本の内視鏡診療は世界のトップであり、当センターの内視鏡部門は長年その日本の内視鏡界を、特に大腸疾患の分野で牽引してきました。今後も当センターから日本、世界へと新しい情報を発信し、消化器疾患の診断・治療レベルの向上に努めていこうと思います。

消化器病副センター長(光学診療部門長) 松下 弘雄
 

役職名 氏名 専門医・認定医
副院長(兼)消化器病センター長(兼)第三消化器外科部長 大内 愼一郎 日本外科学会認定医・外科専門医・指導医
日本消化器外科学会認定医・消化器外科専門医・指導医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本医師会認定産業医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
消化器病副センター長(兼)光学診療部門長 松下 弘雄 日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医・指導医
日本外科学会外科専門医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医・消化器外科専門医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了

各診療科