婦人科

診療科紹介

 婦人科では良性疾患から悪性疾患、感染症、生殖医学、女性医学まで幅広い分野に対応しています。特に子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんなど婦人科悪性腫瘍に関しては、婦人科腫瘍専門医2名が細胞診専門医でもあり、診断から治療までの一貫した診療を行なっています。また、子宮筋腫、卵巣嚢腫、子宮内膜ポリープなどの良性疾患では、腹腔鏡や子宮鏡による内視鏡下手術を積極的に取り入れています。

基本方針

 当科が目指す医療は、多くの経験に基づいた質の高い医療と、患者さんご自身が納得し、選択し、満足できる医療です。当科では、説明に多くの時間をかけます。これは、患者さんやご家族との信頼関係が医療の大前提であると考えるからです。特に、がんやその疑いを告知された時、多くの患者さんやご家族の頭の中は真っ白になることが多いと思います。そんな時、患者さん・ご家族と私たち医療スタッフが情報を共有し、不安を取り除いていくことが大切だと考えています。良性疾患はもちろんのこと、たとえ病気が「がん」であっても、最終目標は社会復帰です。それは、病気になる前の生活に戻ることを意味しています。仕事をしている方は、仕事に復帰することです。そして、治療期間中の生活の質(QOL)が保障されることもきわめて重要なことです。

特徴・特色

 悪性疾患に関しては、診断から手術、術後の治療まで、すべてを当院で行います。エビデンス(証拠)に基づく、治療ガイドラインに沿った医療を基本とし、患者さんの希望や、年齢・合併症・病状を考慮した最善の医療を提供します。診断と同時に、患者さん、並びにご家族の全人的サポートを行います。また、外科、放射線科、外来化学療法室、緩和ケア内科、がん相談支援センターなどとのタイアップにより集学的医療を行います。一方、良性疾患に対する腹腔鏡(内視鏡)手術に関しては、通常の診察日に加え、月2回の専門医による外来を設置し、対応しています。当科受診をご希望の場合は、かかりつけ医に相談の上、当院の地域医療連携室を通じて予約をお取り下さい。また、ご本人やご家族が直接電話で予約を取ることも可能です。なお、直接受診を希望される場合は、平日木曜日以外の新患外来をご利用ください。受付は午前8:00~11:00となっていますが、事前確認をお勧めします。

地域医療連携室
TEL 018-829-5233(直通) FAX 018-829-5222(直通)

主な対象疾患と治療内容

  1. 子宮頸部異形成(CIN)、子宮頸がん
     子宮頸部上皮内腫瘍3(CIN3:以前の子宮頸部高度異形成/上皮内がん)では、超音波メス(ハーモニックスカルペル®)による円錐切除術を標準術式としており、2019年より入院期間を3泊4日から2泊3日に短縮しました。限局型子宮頸がんでは必要に応じ、卵巣温存手術を施行しています。また、進行子宮頸がんに対しては、骨盤神経温存広汎子宮全摘術または化学療法併用放射線療法を標準とし、初期の大量性器出血のコントロールには子宮動脈選択的抗がん剤動注療法を行っています。一方、若年進行子宮頸がんに対しては、術前化学療法後の広汎子宮全摘術に引き続き、術後放射線療法に替えて、術後化学療法施行を選択肢のひとつとしています。これにより、卵巣機能が温存可能となります。さらに、術中に卵巣を骨盤から腎下極へ移動固定し、術後放射線療法が必要になった場合にも、被曝による卵巣機能喪失がないよう工夫しています。2016年4月よりベバシズマブ(アバスチン®)が進行子宮頸がんおよび再発子宮頸がんに対し保険適応となったため、使用頻度が増加しています。
     
  2. 子宮体がん
     局所進行子宮体がんに対しては、子宮全摘術とともに、積極的に骨盤・傍大動脈リンパ節郭清術を行っています。一方、比較的予後の良好な高・中分化型類内膜がんの場合、手術中に迅速組織診断を行い、子宮筋層へのがん浸潤の程度を判定し、摘出範囲を決定しています。術後、再発リスクの高い患者さんに対しては、パクリタキセル、カルボプラチンによる予防的化学療法を施行しています。
     
  3. 卵巣がん
     進行がんであっても、初回手術で可能な限りの腫瘍減量手術を行っています。完全切除が可能な場合は、消化器外科と協力し、直腸合併切除や腸管切除を行うこともあります。卵巣腫瘍の場合、術前に良性・悪性の診断や組織型の推定が難しい場合が多いため、病理部とのタイアップで術中迅速組織診断・細胞診断を積極的に行っています。さらに最終診断のために、免疫組織染色を駆使し、正確な診断に努めています。また、リポソーム化ドキソルビシン(ドキシル®)やベバシズマブ(アバスチン®)など新規抗がん剤を含む化学療法を積極的に取り入れています。再発卵巣がんに対する維持療法として2018年に承認されたオラパリブ(リムパーザ®)もすでに導入済みです。オラパリブはBRCA遺伝子に変異のある卵巣がんの初回治療後の維持療法としても適応が拡大され、当科でも遺伝子検査を含む導入体制が整っています。
     
  4. 子宮筋腫
     子宮筋腫に対しては、ライフステージ、症状、生活スタイルに合わせ、薬物療法や手術療法を提供しています。薬物療法には女性ホルモンの分泌を抑えることにより筋腫の縮小を期待する偽閉経療法があります。一方、子宮筋腫が大きく、過多月経などの症状が強い場合は手術治療を行なっています。また、この二つの治療を組み合わせ、薬物療法後に手術療法を選択する場合もあります。子宮筋腫を手術で治療する場合、①子宮を全摘する方法、②子宮筋腫のみを摘出する方法(筋腫核出術)があります。従来、子宮全摘や筋腫核出術では、下腹部を切開する開腹手術が中心でしたが、当科では腹腔鏡や子宮鏡といった内視鏡下での手術も取り入れています。侵襲の少ない手術を提供するために、①子宮全摘の場合には、腹腔鏡手術で、②筋腫核出の場合には腹腔鏡手術または子宮鏡下手術で行うことが可能かどうかも十分に検討したうえで、手術方法を決定します。
     
  5. 子宮内膜症
     子宮内膜症は、子宮内膜が子宮内腔以外の場所(卵巣、子宮筋層内、腹膜など)に発生することで起きる疾患で、お腹の中で炎症や癒着を引き起こし、月経困難や性交痛、排便痛、不妊などの原因となります。卵巣に生じた子宮内膜症は卵巣子宮内膜症性嚢胞、別名:チョコレート嚢胞と呼ばれています(古くなった血液がチョコレート様にみえるため)。チョコレート嚢胞は0.5~1%と頻度は高くありませんが、がん化のリスクもあり定期的な経過観察が必要です。治療法は大きく分けて、薬物療法と手術療法があります。症状や年齢、挙児希望の有無などに応じて、相談しながら方針を決定していきます。 
    ・​薬物療法:薬物療法には、主に痛みをおさえるための対症療法と、子宮内膜症の進行を抑えたり、病巣を小さくさせるホルモン療法(低用量ピル、ジエノゲストなど)があります。  
    ​・手術療法:チョコレート嚢胞に対しては、ほとんどの場合腹腔鏡手術を行っています。年齢や挙児希望によって、付属器(卵巣+卵管)摘出か嚢胞核出を選択しています。術後の再発予防のために、ホルモン療法を行うこともあります。
     
  6. 良性卵巣腫瘍
     卵巣腫瘍には嚢胞性と充実性があり、良性の嚢胞性卵巣腫瘍のことを卵巣嚢腫(嚢胞)と呼びます。卵巣腫瘍は、無症状な場合が多く、検診などで偶然見つかることがあります。正常の卵巣は2~3cmの大きさです。卵巣腫瘍の大きさが5cm以上の場合、茎捻転が起こりやすくなり、嚢胞性の場合は破裂することもあるため、手術療法を考慮します。良性腫瘍が推定されれば腹腔鏡手術を行ないます。嚢胞性の場合、①腫瘍を含めて卵巣と卵管を摘出する方法(付属器摘出)と、②嚢胞部分をくり抜くように摘出する方法(嚢胞核出術)があります。どちらの術式を選択するかは年齢、腫瘍の大きさなどを総合的に判断して決定します。一方、充実性腫瘍は付属器摘出が一般的です。

主なクリニカルパス

  およその入院期間 入院診療計画書
良性疾患手術 腹腔鏡  5日間 PDF
良性疾患手術 開腹 11日間 PDF
子宮頸部円錐切除術  3日間 PDF
悪性腫瘍手術 13日間 PDF
抗がん剤化学療法  4日間 PDF
子宮鏡手術  4日間 PDF

その他の特色

  • 患者さんの治療期間中の生活の質(QOL)向上のため、可能な限り外来化学療法を取り入れています。副作用の少ない、短時間で終了する抗がん剤による化学療法は外来で行いますので、午前または午後の数時間で終了します。
  • ​婦人科悪性腫瘍手術後に起こりやすい下肢深部静脈血栓症や肺塞栓症の予防に積極的に取り組んでいます。
  • ​治療の初期から緩和ケアチームとタイアップし、患者さん、ご家族の支援を行っています。
  • がん相談支援センターでは、患者さんやご家族のさまざまな相談に対応しています。特に、リンパ節郭清術後の下肢リンパ浮腫予防のため、入院中よりセルフケアの指導を行い、退院後もがん相談支援センターのリンパ浮腫相談窓口を通じ、指導を継続しています。
  • ​電子カルテ・クリニカルパスの導入により、手術や化学療法の入院期間短縮と、円滑な診療を進めています。当科の入院化学療法、悪性腫瘍手術の電子カルテ・クリニカルパス導入率はほぼ100%です。クリニカルパスから逸脱した例を参考に臨機応変な変更を行い、各疾患のクリニカルパスのブラッシュアップに努めています。

診療実績

 全手術に占める内視鏡手術の割合は26%です。悪性腫瘍手術は51件で、全手術の22%でした。子宮頸がんに比べ、子宮体がん・卵巣がんが多いのが当科の特徴です。進行子宮頸がんに対しては手術ではなく、化学療法併用放射線療法を行うことがあります。子宮付属器手術は近年、開腹手術から腹腔鏡手術に大きくシフトし、今後もこの流れが継続するものと考えられます。子宮頸部上皮内腫瘍に対する子宮頸部円錐切除術は37件で、秋田県内医療機関で最多です(表1、2)。

表1.手術内訳

手術名 2015
年度
2016
年度
2017
年度
2018
年度
2019
年度
開腹手術 150 174 99 106 117
 悪性腫瘍手術 41 41 40 45 51
 子宮全摘出 57 66 34 44 37
 付属器手術 26 44 16 5 19
 子宮筋腫核出術 25 19 9 10 9
 その他 1 4 0 2 1
膣式手術 83 75 51 50 54
 子宮全摘術 7 7 4 0 2
 子宮脱手術 3 1 2 6 6
 円錐切除術 55 49 38 39 37
 その他 18 18 7 5 9
腹腔鏡手術 78 14 55 83 53
 付属器手術 44 13 46 63 41
 筋腫核出術 24 0 6 17 5
 補助下膣式子宮全摘術 3 0 1 0 0
 子宮全摘術 1 0 0 2 5
 子宮外妊娠手術 4 1 2 1 1
 その他 2 0 0 0 1
子宮鏡手術 14 4 8 11 6
合計 325 267 213 250 230

表2.悪性疾患手術件数(子宮頸部上皮内がんなどに対する円錐切除術を除く)

  2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
子宮頸がん 8 3 4 4 6
子宮体がん 19 20 17 16 21
卵巣がん 13 17 18 23 22
その他 1 1 1 2 2
合計 41 41 40 45 51

 2019年度の年間化学療法患者は68人で、入院・外来化学療法患者の延べ人数はそれぞれ387人、169人と増加傾向にあります(表3、4)。

表3.化学療法患者数

  2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
人数 55 51 66 61 68

表4.化学療法延べ人数

  2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
入院 238 268 310 300 387
外来 103 104 106 104 169

今後の目標

 婦人科悪性腫瘍の治療分野では、毎年多くの大規模臨床試験が行われており、新しいエビデンスが発表されています。それぞれの疾患の治療ガイドラインも数年に一度改訂され、標準治療が急速に変化していくなかで、常にUp-To-Dateな情報を入手し、治療に取り入れてゆくことが目標です。また、患者さんのQOL向上のため、骨盤神経温存手術、外来化学療法、緩和ケア、術後リンパ浮腫相談・施術など、さらに多くの改善を心掛けたいと思います。一方、内視鏡手術に関しては、今後さらに専門外来を充実し、適応疾患を拡大して手術の必要な患者さんに対応していく予定です。

社会貢献

 講演会などの依頼を適宜、受け付けております。人事課までお問い合わせください。

 人事課 TEL 018-829-5000(代表)

担当医の紹介

役職名等 氏名 資格等
第一婦人科部長 佐藤 宏和 日本産科婦人科学会産婦人科専門医・指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本臨床細胞学会細胞診専門医・教育研修指導医
日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医・指導医
日本臨床腫瘍学会暫定指導医
女性ヘルスケア暫定指導医
日本がん治療認定医機構暫定教育医
マンモグラフィ読影認定証
臨床研修指導医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
第二婦人科部長 大山 則昭 日本産科婦人科学会産婦人科専門医・指導医
日本臨床細胞学会細胞診専門医・教育研修指導医
日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医・指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本産婦人科乳腺医学会乳房疾患認定医
日本がん治療認定医機構暫定教育医
東北ブロック医師臨床研修指導医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
第一婦人科副部長 岩澤 卓也 がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
医師 有明 千賀 がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了

外来診察表はこちらをクリックしてください