整形外科 人工関節センター

診療科紹介

特徴・特色

 整形外科は、四肢・脊椎脊髄・骨盤などの筋骨格神経系、いわゆる運動器の疾患を診療します。当院は救命救急センターを併設し、またドクターヘリの基地病院となっているため、整形外科でも急性期の医療、重症で手術を要する方の治療を中心に行わせていただいています。専門性の高い治療、大きな手術が必要な治療の場合も対応できる体制を整え、診療することを使命としております。

 なかでも脊椎外科、関節外科、手の外科・マイクロサージャリーを主力として診療を行っています。脊椎脊髄手術は損傷脊椎再建手術など大きな手術とともに、長年にわたり内視鏡下手術・低侵襲手術を行っております。また人工関節はセンター化し専門に手術治療を行っております。

脊椎脊髄手術

  • 2000年から行っている内視鏡下脊椎手術
  • 脊椎脊髄病指導医2名
    内視鏡下・脊椎手術技術認定医
  • 大きな脊椎外科手術が行える体制下での内視鏡・低侵襲手術

内視鏡下脊椎手術

 1997年に世界で初めて内視鏡視下椎間板ヘルニア摘出術が報告されました。当院では、1999年から研修を開始し、翌2000年から内視鏡下脊椎手術を導入しました。現在はビデオシステムの進歩により、より良い視野が得られ、手術の安全性、確実性が高まっています。

当院における実績

 2000年より2004年まで腰椎椎間板ヘルニア220例の内訳を示します(表1)。2003年の完全導入前は従来法とMED法はほぼ1対1の割合でありました。平均手術時間を図1に示します。完全導入後は手術時間も従来法と変わりませんでした。

  MED法導入 クリパス MED法 従来法  
(Ⅰ) 2000 ~ 部分
2w/8w
52例  70例  122例
(Ⅱ) 2003 ~ 完全 66例 66例
(Ⅲ) 2004 ~ 完全 32例 32例
      150例 70例 220例

表1

図1

 日本整形外科学会によるJOA scoreの改善率(図2)も各期間で変わりなく、術後在院日数は図3に見られるように減少しています。出血量も少なく低侵襲手術であることがわかります。MED法に完全導入後 導入期の術後在院日数より約1週間短縮できたことになり、短縮効果はMED法の低侵襲性によると考えられました。

 腰部脊柱管狭窄症に対する内視鏡手術も術後疼痛が軽く 高齢者の早期離床が実現可能になっています。

図2

図2

図3

図3

人工関節センター

 平成24年5月、秋田県で初の人工関節センターを秋田赤十字病院に開設いたしました。

 関節疾患、特に股関節と膝関節は、進行すると歩行困難となり患者さんの日常生活動作、生活の質を低下させます。人工関節置換術はその最終治療手段であり、除痛効果、機能改善効果は絶大であり、再び歩くことができるようになることによって第二の人生を歩めるようになると言っても過言ではありません。

 膝関節疾患は多くの患者さんが罹患するのに対し、股関節疾患の患者さんは比較的少ないです。しかしその障害は重症度が高く、若年の方も発症します。股関節の人工関節置換術はその手術手技の習得が困難であること、重篤な合併症を引き起こす可能性があることから、人工股関節置換術を行うことができる病院は限られています。そこで、専門的に集約して診療にあたるのが当「人工関節センター」の責務となります。

 人工関節は人生を一変させる魅力を持っていますが、まれではあるものの感染、脱臼、ゆるみという重篤な合併症があり、安易に行う手術でもありません。手術のリスクと患者さんのニーズ、ベネフィットをよく相談した上でよりよい医療を提供していきたいと考えております。

人工関節センター長 田澤 浩

手の外科・マイクロサージャリー

 手の外科では腱断裂に対する縫合、末梢神経損傷に対する治療、血管損傷に対する治療などを中心に行っています。マイクロサージャリーの技術により手指の切断例に対する再接着術(指をつなげる手術)も行っております。

担当医の紹介

役職名 氏名 専門医・認定医
第一整形外科部長(兼)医療社会事業部長 石河 紀之 日本リウマチ学会リウマチ専門医
日本整形外科学会整形外科専門医
日本整形外科学会 脊椎内視鏡下手術・技術認定医 ( 2種・後方手技 )
日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄外科指導医
日本医師会認定産業医
日本整形外科学会脊椎脊髄病医
日本整形外科学会運動器リハビリテーション医
日本整形外科学会リウマチ医
臨床研修指導医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
第二整形外科部長 鈴木 哲哉 日本整形外科学会整形外科専門医
日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄外科指導医
日本整形外科学会脊椎脊髄病医
第一整形外科副部長 田澤 浩
第一整形外科副部長 湯本 聡 日本整形外科学会整形外科専門医
日本リウマチ学会リウマチ専門医
日本整形外科学会リウマチ医
日本整形外科学会脊椎脊髄病医
日本整形外科学会運動器リハビリテーション医
日本整形外科学会スポーツ医
日本リハビリテーション医学会認定臨床医
第一整形外科副部長 冨手 貴教 日本整形外科学会整形外科専門医
医師 齋藤 光 がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了

外来診察表はこちらをクリックしてください